ホーム > 思い出 > 実際にトレードすると

実際にトレードすると

現実にPCの前で、止まることなく上下している相場を目を向けていると、理由無く注文をせずにはいられなくなるという感情に突き動かされる場合も少なくないだろう。

 

だけど、漠然とした勘でエントリーすることは、絶対にしてはいけません。

 

ご覧の通り、外国為替市場は昼夜を問わずいつでも外国為替相場はオープンしているし相場もいつでも動いています。

 

しかし、考え無しに売買を重ねていると、それだけ損をする危険が上がってしまいます。

 

言うまでもなく、注文の数を重ねることによってトータルで利益を上げられる可能性が五分五分になっていくのは事実です。

 

けれどもこの事実は「なんだか分からないアイデアで注文」とは別問題です。

 

売り買いの回数を積むというのは自分で「ここはいける」と感じた機会を得たところでの売り買いの回数を重ねるという事を言っています。

 

格段の理由がなく、のべつ幕なし売り買いを積み重ねるのとはかなり異なります。

 

外国為替市場の勝負に臨むにはあなたが考えてメリハリをつけることが重要です。

 

「ここは!」とよく考えた外国為替市場の時には迷うことなくポジションを積み増して思い切り儲けを追い求めます。

 

「明らかに頭をかかえる為替相場で、どう推移するのか読めないな」と思い至った時はいっそのこと所有ポジションをひとつ残さず諦めて静観します。

 

それくらいのメリハリがあったほうか、結果的には売り買いは勝てます。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

まさに言葉どおりです。

 

FXとはいついかなる時でもポジションを所持する事が大切ではなく、どのポジションも所有せず何もしないことも、相場なのである。

 

では、どういう時に、休む必要があるのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述の通り、現在の外国為替相場が分からない時です。

 

そこから円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時はヘタに動くと、自分自身で作り上げたシナリオとは反対の方向にマーケットが向ってしまい、損をする事になります。

 

そのため、こうした場合はポジションを減らしてそのまま静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

ふたつめは、自身の体の具合が悪いときです。

 

健康状態と外国為替市場に影響ないと感じる投資家もいると思いますが実は案外影響します。

 

体の状態が思わしくなければ、外国為替相場のミスできない状況で正確な決定ができない。

 

気分が進まない時は市場から離れてみるのも肝心な事です。

 


関連記事

脱毛サロンに行きたいんだけど、トラブルが心配だな
昨今は格安でワキ脱毛をしてもらえるので、気にしているなら納得するまで受けに行きた...
実際にトレードすると
現実にPCの前で、止まることなく上下している相場を目を向けていると、理由無く注文...